読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今、この瞬間を懸命に-双極性障害と共に生きる-

うつ病ヒーロー、TBのブログ!日常記録系ブログ。とかいって、超自由系ブログ。

【双極性障害2型】のうつ病ヒーロー!

生きることは苦しい。

でも、【双極性障害】との共生をライフスタイルにして、

苦しみながらも誰かの心に、悩みに、そっと寄り添えるような

そんな等身大のヒーローに!

 

デトックスの好転反応

うつ病ヒーロー、TBです!!

 

ブログに来てくれてサンキュキュ!

 

マイティマイティアクション!エックス!

 

どうも、TBです。

 

 

 

 

久しぶりの食事は味に敏感でした

 

 

【プチ断食を終えた人です

 

 

 

 

久しぶりの食事と言っても、24時間弱しか断食していませんけど。笑

 

ホントにプチ断食ですね。

 

 f:id:hiroshixtb:20170324202651j:image

 

胃腸炎のために食事を禁止されていましたがスープ系は食べても大丈夫になりました。

 

 

胃の痛みはまだあるけれど、痛みがくる間隔はだいぶ長くなってきたし痛み自体も小さくなってきた。

 

 

でも、ご飯食べないと元気出ませんねー。集中力もないし。薬で栄養?はとっていたけども。

 

 

 

 

 

 

 

断食での好転反応は知っていますか?

 

 

 

 

今回の僕の場合は本当に本当に「プチ」断食ではあるものの、反応はあって味覚が敏感になっていて少し感動。

 

 

食事って幸せになりますねー、それも味覚があってこそ。

 

 

 

 

 

 

断食はきちんとした準備をして、手順を踏んで食事を再開すれば大きな効果があるようです。

 

その辺はよく知られていることと思います。

 

 

 

で、断食での反応って沢山あるんですけど誤解されやすい「好転反応」について紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

好転反応とは身体のデトックスが進んでいるときに起こる症状のことです。

 

 

 

具体的な症状として、

 

 

  • 軟便や下痢
  • 便秘
  • 頭痛、腰痛、関節痛
  • 体臭や口臭の変化
  • 吹き出物、ニキビ、肌の乾燥
  • 喉が腫れる、鼻水とたんが増える
  • 黄色や茶色の尿
  • 吐き気
  • 熱っぽさ、寒気
  • 集中力の低下
  • 倦怠感

 



 

風邪の症状に似ていますね。

 

 

好転反応は身体が良い方向に向かっている証拠です。浄化しているんです。好転反応が起こらない断食は失敗と言えます。

 

 

好転反応はデトックスができている証拠なので、普段不摂生な生活をしている人ほど強く反応が出ます。不摂生をしている分だけ身体に毒素が溜まっていますから、デトックスが進むと身体中にその毒素が巡ることになります。

 

 

総称して毒素と呼ばれるものは、老廃物だったり、中性脂肪とか、添加物とか、コレステロールとかです。

 

これらが身体からはがれて血液に乗って身体から排出されることをデトックスと言います。

 

こうして一時的に身体に悪い物質が巡ってしまうために起きるのが好転反応です。

 

 

 

好転反応の症状は風邪に似ていて、断食が失敗したために風邪をひいてしまったと勘違いされてしまいがちです。

 

 

 

毒素が排出されて、血液が入れ替われば症状は治ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

断食はきちんとした知識を持って行おう

 

 

 

 

個人的には、食事が大好きなので断食なんて辛いだけなんですけどね。笑

 

 

必要性を感じたら、効果もあるので実行したいと思います。

 

 

 

 

断食で効果を得るならただ食事をしないだけでは不十分です。

 

 

 

断食する前の身体の準備もありますし、断食中の過ごし方もあるし、食事の再開の仕方も注意しなければいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きはWEBで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはどこですか?w