今、この瞬間を懸命に-双極性障害と共に生きる-

うつ病ヒーロー、TBのブログ!日常記録系ブログ。とかいって、超自由系ブログ。

【双極性障害2型】のうつ病ヒーロー!

生きることは苦しい。

でも、【双極性障害】との共生をライフスタイルにして、

苦しみながらも誰かの心に、悩みに、そっと寄り添えるような

そんな等身大のヒーローに!

 

おかげさまで

うつ病ヒーロー、TBです!!

 

ブログに来てくれてサンキュキュ!

 

 

 

心に響いた言葉を紹介します

 

 

 

夏がくると、冬がいいという

冬になると、夏がいいという
太ると痩せたいという、痩せると太りたいという

忙しいと暇になりたいといい

暇になると忙しい方がいいという

自分に都合のいい人は善い人だと褒め
自分に都合が悪くなると、悪い人だと貶す

借りた傘も雨があがれば邪魔になる

金を持てば

古びた女房が邪魔になる

世帯を持てば

親さえも邪魔になる

衣食住は昔に比べりゃ天国だが
上を見て不平不満に明け暮れ

隣を見て愚痴ばかり

どうして自分を見つめないのか

静かに考えてみるがよい
いったい自分とは何なのか

親のおかげ、先生のおかげ、

世間さまのおかげのかたまりが

自分ではないのか
つまらぬ自我妄執を捨てて

得手勝手を慎んだら 

世の中はきっと明るくなるだろう
おれが、おれがを捨てて

おかげさまで、おかげさまでと暮らしたい                          

 

作者不明

 

 

思うこと・・・

 

 

この言葉、昔はめちゃくちゃに好きだったんですけどね。

 

今はこういう考え方も大切だよなー、程度です。

 

個性を主張せず、自分を表現しない、そんな意味合いを感じるからです。

 

そこを主題にした言葉ではないのは分かっているんですけどね・・・。

 

 

昔の僕を表しているようで(今もそんなに変わらないけど)少し心苦しいものを感じてしまいます。

 

 

今までお世話になった人に感謝して、恩返しをしていきたい。誰かのために働きたい。

 

そう思う一方で、

 

 

 

承認欲求が強くて、他者のために動ける自分を認めてもらいたかったり、感謝を伝えられたいと思っていたり。

 

 

小賢しいというか、腹黒いというか。

 

 

 

 

だから好きだったんですよ。

つまらない感情を捨てて、今を幸せに感じたいと思っていましたから。

 

 

 

 

 

 

 

今はね、

おかげさまでとか、感謝の気持ちはしっかり持ちながらも多少はわがままに生きていいんじゃないかと思う。

 

 

自分のやりたいことをやって、そのやりたいことの範囲内で他者に貢献できるなら、それでいいじゃないかって。

 

欲を持つのも大切なことではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私は自分を犠牲にしてでも、損得勘定をせずに他者に自分の身を捧げます」

 

 

こんな素晴らしい人も世の中にはいるんでしょうけど。僕は小さい人間なので、得が欲しい。

 

なんか胡散臭くない?

その人の本質が見えないようで、信じていいのか分からない。

 

 

 

 

 

 

だけどね、自分のできることは一生懸命やるよ。手の届く範囲くらいは全力で守る。

 

 

 

 

 

 

 

嘘はつかない