今、この瞬間を懸命に-双極性障害と共に生きる-

うつ病ヒーロー、TBのブログ!日常記録系ブログ。とかいって、超自由系ブログ。

【双極性障害2型】のうつ病ヒーロー!

生きることは苦しい。

でも、【双極性障害】との共生をライフスタイルにして、

苦しみながらも誰かの心に、悩みに、そっと寄り添えるような

そんな等身大のヒーローに!

 

寒さに強い身体を手に入れる!

うつ病ヒーロー、TBです!!

 

ブログに来てくれてサンキュキュ!

 

 

 

シャバドゥビタッチヘンシーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

冬が好きですか?夏が好きですか?

 

 

 

 

まぁ、夏が来れば冬の方が良いと思うだろうし冬が来れば夏の方が良いと思う。人間というのは勝手な生き物ですな。

 

 

 

 

この質問の答えとして、冬は厚着をすれば凌げるけど、暑さはどうしようもないという答える人もいます。

 

 

 

でも冬は乾燥するし、クリスマスもあればバレンタインもあって過ごしにくいですよね。

 

 

 

 

 

では、そういうことで笑

 

ただでさえ過ごしにくい冬を乗り越えるために寒さに強くなりましょう!

 

 

 

 

 

 

 

寒さに強くなるには?

 

 

 

 

 

寒さに強いかどうかは生まれつきでしょーって思うところもありますが、体質を変えれば寒さに強くなれます。まぁ人によって程度はあるでしょうけど。

 

 

 

 

  • 食生活

 

体質を変えるのに1番大切なのは食生活でしょう。

 

タンパク質を摂りましょう!

筋肉を作る元になる栄養素なので。タンパク質を消化する時と再合成する時に熱が発生するので体が温まります。

 

ビタミンとミネラルも大切に。

 

あとは、冬に採れる野菜と果物、寒い地域で採れる野菜と果物は体を温めてくれます。

 

地球っていうのはよくできていて、必要な時に必要な作物が採れるんですねー。

 

 

 

  • 血行を良くする

 

末端冷え性は血行不良が原因だったりします。体で作られた熱は血液によって各部位に運ばれるので血行をよくすれば寒さに強くなれます。

 

ドロドロな血は血管をスムーズに通らないので血行が悪くなります。

 

ドロドロ血は水分不足や中性脂肪とコレステロールの増加が原因です。水分を摂って、青魚を食べましょう。

 

運動も効果があるでしょう。

 

 

 

 

  • 筋肉量を増やす

 

運動するメリットには筋肉量が増えることも挙げられます。

 

体の中で熱を生み出すのに効率がいいのは筋肉です。筋肉量が増えれば熱が多く生み出せるというわけですね。

 

女性の方が寒さに弱いのは男性に比べて筋肉量が少ないことが理由として挙げられるでしょう。

 

 

 

そして筋肉を増やすにはタンパク質とビタミン

 

 

 

 

  • 基礎代謝を高める

 

基礎代謝量というのは特別運動をしていなくても生命を維持するのに必要なエネルギー量です。

 

基礎代謝で熱が作られているので、基礎代謝量が高まれば寒さに強くなれます。

 

 

 

基礎代謝量は筋肉量が増えればそれだけ高まります。筋肉は重たいので、重たい体を動かすためにはそれだけのエネルギーが必要になります。

 

 

 

 

そして何より大切なのは食事

 

食事によりカロリーを摂取しましょう。ダイエットなどでカロリー摂取を控えていると、体がカロリーを消費しない体になっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

どういう側面でも食事が大切ということですね。

 

食事には気を使いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕が最近寒さに強くなったのは筋肉量が増えたからでしょうねー。