今、この瞬間を懸命に-双極性障害と共に生きる-

うつ病ヒーロー、TBのブログ!日常記録系ブログ。とかいって、超自由系ブログ。

【双極性障害2型】のうつ病ヒーロー!

生きることは苦しい。

でも、【双極性障害】との共生をライフスタイルにして、

苦しみながらも誰かの心に、悩みに、そっと寄り添えるような

そんな等身大のヒーローに!

 

ススメ!ススメ! 頑張ろう熊本

うつ病ヒーロー、TBです!!

 

ブログに来てくれてサンキュキュ!

 

 

 

 

f:id:hiroshixtb:20170117212012j:image

 

益城町に行ってきました

 

 

 

 

 

益城町の被害が大きかった地域の駐車場にクルマを停めて、歩いてまわりました。

 

 

f:id:hiroshixtb:20170117212310j:image

 

 

 

f:id:hiroshixtb:20170117212345j:image

 

f:id:hiroshixtb:20170117212357j:image

 

 

 

f:id:hiroshixtb:20170117212431j:image

 

f:id:hiroshixtb:20170117212442j:image

 

f:id:hiroshixtb:20170117212452j:image

 

f:id:hiroshixtb:20170117212508j:image

 

f:id:hiroshixtb:20170117212518j:image

 

f:id:hiroshixtb:20170117212526j:image

 

 

 

 

震災前から何度も足を運んでいた場所だし、

 

震災後も復旧作業で幾度となく訪れた場所。

 

 

 

 

 

目に焼き付いた悲惨な風景も、

拭い去れない辛い記憶も、

 

決して失くなることは無いのだけれど

 

 

時間は確実に流れていて、

空が少しだけ広くなっていました。

 

 

何度も見ていた風景だけど、

崩れてなくなってしまった建物は思い出すことは出来なくて。

 

 

 

苦しくなってしまいました。

 

 

 

 

変わってしまった風景は

もう元には戻らないけれど

 

変わらずにあったのは笑顔でした。

 

 

 

 

 

私が目を背け続けてきた町では、変わらずに歩き続ける人たちがいました。

 

 

 

確かに無くなってしまった物も、失ったものも沢山あるんだろうけど

 

新しく生まれた絆があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

いつか無くなってしまうものはあっても、

いつまでも変わらずに強く在り続けるのは人の思いなんですね。

 

 

 

 

 

 

私が自分で止めてしまった時間がゆっくりだったけれど確実に動き始めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第二の故郷だと思っている熊本。

 

辛くて目を背けた私が今さらになって

 

熊本のために行動していきたい、というのは偽善だと思われるかもしれない。

 

 

 

 

自分のことすら、ままならない私に出来ることは苦し紛れの作り笑顔かもしれない。

 

 

でも、

 

偽善だったとしても、

ありがとうと伝えてくれる人がいるなら。

 

作り笑顔だったとしても、

繋がっていく笑顔があるなら。

 

 

 

 

 

 

点と点が線になるように。

笑顔の連鎖が広がりますように。